人と関わることを心から楽しいと思う。
多くの縁に支えられ、理想の自分を見つけた。

クリエイター
下田 裕美さん 

2017年から弊社のパートナーとしてクリエイティブ制作をこなしつつ、Webのデザイン学校ではクリエイターの卵たちを指導。そのパワフルな仕事ぶりについて伺いました!


ある時は教師、はたまた漫画家。
夢を一心不乱に追いかけた学生時代

やりたいと思ったら、脇目も振らずに突き進む!昔からそういう性格で、高校時代は数学の先生に憧れて、大学で教職免許をとることを目指していました。…だったんですけど、いざ進路を決める時期になったら『やっぱり、子供の頃の夢だった漫画家になりたい!』と思い、教職の道から大きく方向転換、デッサンを猛特訓し、美術系の大学へ進学することに(笑)
いざ大学に入学すると、漫画家の夢はどこかへ消え去り、白雪姫を題材にリンゴ型の傘を作ったりと、モノづくりに夢中になっていました。大学卒業後、モノづくりの仕事がしたいと思い、オンデマンド印刷の会社にDTPオペレーターとして入社しました。

表現の幅が広がるWebの世界
紙とは違う楽しみがスキルアップに繋がる

DTPオペレーターの後、デザイナーとしてノベルティグッズやロゴ、パンフレット、Webなど、さまざまな媒体を経験。ディレクションや新規プロジェクトにも参加しました。その中で表現の幅が広いWebの世界に触れ、『面白い!もっと勉強したい!』と思い、専門学校に通うように。と同時に、仕事も印刷会社からWeb制作会社へ転職し、仕事と勉強に夢中になる毎日でした。
その後、結婚を機に会社を退職。主婦をしながら、マイペースに仕事を続けられるフリーランスとして活動していくことを決意しました。手探りで始めて間もなく、夫の転勤で東京から新潟に行くことになり、知らない土地で本格的にフリーランス活動を開始。その中でデジタルハリウッドSTUDIO新潟とご縁があり、クリエイターを目指す受講生を指導するお仕事に就くことになったんです。そこでクリエイターズマッチさんと出会い、パートナーに。デザイナーとして悩んでいた時期だったので、新しい挑戦を目の前に、前向きな気持ちになれたことを今でも覚えています。

縁が縁を呼ぶ人間関係
次第に理想の自分に近づいていく

今では夫の転勤も終わり、東京で広告デザイン制作を中心にフリーランスの活動を行っています。また、新たに働き始めたデジタルハリウッドSTUDIO渋谷で、STUDIO新潟と併せて引き続き後輩クリエイターの育成に携わっています。モノをつくるのが好きだった子供の頃の気持ちと、先生になりたかった夢がここにきて両方実現できました。(漫画は描けていないですけど。笑)
思い切って飛び込んだ未開の地での縁が、結果的に自分の夢を叶え、今の東京での活動にも繋げてくれました。その中で、最近ようやくデザイナーとしてあるべき自分の姿が見えてきました。モノを作るために人とコミュニケーションを取ること、それを心から楽しいと思っている。これからも人との繋がりを大事に、デザイン制作に励みたいと思っています。

2018.05.31
撮影:中川和則/朴智願
 ライティング:上森正廣/井形史恵


■インタビューさせていただいた方:前
クリエイター
下田 裕美さん
■インタビュアー:奥
CP事業部 ディレクター
上森 正廣

パートナー募集

クリエイターズマッチでは、定常的に新しいパートナーの方との出会いを求めています。
ご興味のある方は下記ボタンより詳細をご確認下さい。

お問い合わせ

クリエイティブ制作でお困りのことはございませんか?
どんなことでもお気軽にご相談ください。

ブログランキング