SEからの転向、先輩たちに追いつけ!
ママクリエイターの夢、広がる

クリエイター
渡邉 綾佳さん 

2017年にクリエイターズマッチがカリキュラム提供するデジタルハリウッドのデザイン講座を受講し、エンジニアからデザイナーデビューを果たした渡邉綾佳さん。未経験からデザイナーへ挑戦した渡邉さんの強い意思とモノ作りに対する思いをご紹介いたします。


エンジニアを辞めて、一度は専業主婦へ。でも、2年が限界だった

私は、元々けっこう仕事好きなタイプなんです。エンジニア時代は、終電帰りばかりでしたけど、何かを作ることに夢中になれる私にとっては充実した毎日でした。でも、子どもができたときに、このハードな働き方は続けられないと思い直して、会社を退職。それからしばらくは専業主婦をやっていたのですが…、すぐにソワソワしちゃって(笑)ご飯をつくって、昼間にテレビを見て、お買い物しての繰り返しに物足りなさを感じて、家事や育児と両立をしながら働く方法がないか考え始めました。

デザイン経験を積むのに、バナー作りはちょうどいい入り口に

エンジニアのときに、PowerPointの資料を作ることがあったのですが、周りから「上手だね」って褒められることが多くて、デザインにずっと興味を持っていました。だから新しい仕事を始めるならデザイナー、それも家庭と両立できるフリーランスになろうって。そしてデジタルハリウッドのSTUDIO渋谷に入学してすぐ、クリエイターズマッチを知りました。バナーは短い期間で制作できることが魅力的で、デザインの経験を積むのに、もってこいのお仕事だと思いました。それからクリエイターズマッチのパートナー試験に受かるために、バナー制作の講座に通って猛勉強しました。

先輩パートナーの仕事ぶりに、
刺激を受ける毎日。ワクワクします

1つの商材に対して自由にデザイン案を出す、バリエーションパック制作というものがあるのですが、10人前後のパートナーの方々と同時に制作するので、他の人のデザインが見られて面白いです!『その素材、そうやって使うのか』『この切り口があったか…』って、新しい学びや発見がいっぱい。デザインの引出しや知識がぐっと増えます。そんなスゴイ先輩たちに追いつくために、最近は広告コピーの勉強も始めました。今後は、Webも紙も問わず、どんな商材が来ても対応できるマルチなデザイナーになりたいです!


■インタビューさせていただいた方:右
クリエイター
渡邉綾佳さん
■インタビュアー:左
CP事業部 ディレクター
朴 智願

パートナー募集

クリエイターズマッチでは、定常的に新しいパートナーの方との出会いを求めています。
ご興味のある方は下記ボタンより詳細をご確認下さい。


撮影:中川和則/上森正廣 ライティング:井形史恵

お問い合わせ

クリエイティブ制作でお困りのことはございませんか?
どんなことでもお気軽にご相談ください。

ブログランキング